自毛植毛の技術は日進月歩…進歩著しい

自毛植毛とは自分の後頭部、側頭部の毛を薄くなった部分に移植することをいいます。

元来後頭部と側頭部は男性ホルモンの影響を受けにくくいつまでも生え続ける部位であり、この部分の毛髪組織を前頭部や頭頂部に移植すれば、仮に将来的に薄毛が進行し、うぶげ状態となったとしても、移植した後頭部、側頭部の毛髪組織は前頭部や頭頂部で生え続けます。

Yahoo!知恵袋選びをサポートするサイトです。

自毛植毛の最大の課題はドナーである毛髪組織に量的な限りがあるという点です。

現在並行して組織培養技術(クローン技術)の研究が進められていますが、まだまだ効果の不確実性とか安全性といった点で越えなければならない課題も多く、今後の研究の成果が待たれるところです。



自毛植毛は日本皮膚科学会が作成するところの診療ガイドラインで上から2番目の「勧められる」という評価となりました。

今までになかった自毛植毛について解説いたします。

自毛植毛には現在様々な方法があります。1番目の方法は毛包単位植毛(FUT)と呼ばれるものです。

この技術は毛根単位で移植する顕微鏡レベルでの最新技術です。
毛包単位植毛(FUT)は実体顕微鏡を使用しての植毛技術であり「自然な仕上がり」「高密度植毛」を実現し、クリニックの大半が採用している言わば世界標準の自毛植毛法です。

また手作業となります手術スタッフには豊富な経験と高度な技術が求められ、クリニックの選定には注意が必要です。

その他の方法としてはくりぬきグラフト採取(FUE)、SAFESYSTEM法、ニードル植毛、パンチ・グラフト植毛といった方法もあります。